【解消】 php.net が攻撃サイト認定

Web開発をやっていると、ふと
「あれ、この処理なんか関数なかったか?」
「あれ、この関数どう使うんだっけ?」
と思って説明サイトを見に行くことがあります。
PHPについては総本山的なサイト php.net が頼りになります。マニュアルの日本語化も進んでいるし。
なのですが……

2013年10月24日現在 php.net の検索結果
php.net が攻撃サイト認定されてる!?

いったい何があったのでしょう……

今のところ、検索しても詳細は出てきません。
ちょっと関係ありそうな情報はこのへん? しかしjp2.php.netだけじゃなくて英語版のphp.netも攻撃サイト認定されてるみたいですし。……どんだけ慌てて書いたんだろう。この記事古すぎますね。今回とは関係なさそう。
まさかサイト運営が暴走して変なことになったとは思いたくありません。何か脆弱性を突かれてしまったのでしょうか。
Webアプリケーションは気をつけて作りこまないと容易に突き崩されたり悪用されたりしてしまうものですし。

弊社は当然、その辺にはとても気を遣って、セキュリティを考えた製作を心得ております。
自分が情報セキュリティスペシャリストの資格所有してますし、部下?にも取らせたいところです。

==10月25日追記==
今確認したら、php.netが攻撃サイト認定が外れていました。
ほっと一安心です。


投稿者:

さみどり

さみどり

パラファミリーの技術担当です。

「【解消】 php.net が攻撃サイト認定」への2件のフィードバック

    1. >名無しAさん
      情報ありがとうございます。そういうことでしたか。
      大手だけに狙われやすい分、よりセキュリティを強固にしないと酷い目に遭いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です