行動ターゲッティング広告って言うほど効果あるの?

どうもこんばんわ、ANDくんです。

最近、と言ってもそれなりに前からでしょうか。
Web上の広告がリスティング広告から行動ターゲッティング広告に変わってきて、だんだん増えてきています。

行動ターゲッティング広告についてはこちら
Wikipedia 行動ターゲッティング広告

まあ、なんの言葉で検索したかとか、どんなページ行ったのかとかを調べてそれにあった広告を出すっていうことですね。
リスティング広告は見ているページの内容を分析してそのページに合っている物を表示するから仕組みとして全然違うものとなります。

行動ターゲッティング広告の是非自体は色々問われています。
簡単に言うと、Cookieを勝手にユーザーの許可無く使用してるのは問題無いのかとか、ブラウザのバグを利用している物だったり、携帯電話の識別番号を利用していたりとかそういう問題ですね。

ユーザーの許可無くというのも問題の一つです。
今はオプトアウトできるようになっては居ますが、Cookieをそのような利用する場合は一種のスパイウェアと言っても過言ではありません。
ブラウザのバグ利用なんて持っての他。ウィルスの一種とまで言って良いレベルです。
携帯の識別番号は一度購入した番号は基本的に変わらないので個人を特定してどんな事が好きかとかの情報の売買までありえます。
オプトアウト じゃなくて オプトイン じゃないとダメだろって言うのもあると思います。(広告会社たくさんあるしいちいちオプトアウトなんてしてられない)
Yahooの行動ターゲッティング広告はYahooで検索した場合と書いてありますが、Yahoo検索なんて使用しないのに検索ワードにあった物を表示してくるんだけどどういうことなの?って思います。

まあ、そういう問題とかは僕はまあ別にいいんですが、気持ち悪いとは思うけど。

単純にこの行動ターゲッティング広告って効果あるんですかね?
リスティング広告よりも費用対効果が高くなるとの話らしいですが、
広告って同じものが何度も表示されるのは良くないっていう話も聞きます。

この行動ターゲッティング広告に引っかかってしまうと、どこのページに行っても同じ広告ばかり表示されることはよく有ります。
ましてや自分の利用しているサービスの広告ばっかり、なんて事もあります。

そうなるとこの行動ターゲッティング広告って言うほどクリックするのかなー?って思ったりするのです。
広告効果あるのかなー?と。倫理的に危ない物なのに。ただのグレーゾーンの物なだけなのに。

どうも日本の広告関係なのかweb関係なのかわかりませんが、法律が全然整備されていないなと思いますね。
そもそも真っ黒な迷惑メールが無くならない時点でお察しなのかもしれませんが。

まあでも個人的に一番腹立つ広告はマウス一瞬でもカーソル合うと全画面に大きくなる広告ですかね。
あれはマジで規制するべきだと思います。
ユーザーの事を考えていない典型ですよね。
ユーザーは広告を見るためにインターネットで物を見ているわけではなく、ページの内容を見るためにインターネットでいろいろ見ているのに、あれじゃあ広告を無理やり見せられてしまいます。見たいものをそっちのけにされて。
横目に広告が入る分には僕は何にも文句はありませんが。

一定時間載せていたら大きくなるっていう広告もマウスカーソルの動き次第では載せていなくても時間経ったとみなされて動画流れて音が流れるっていうこともありえますけれどもね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です