動画の次世代規格 H.265/HEVC って?

みんな大好き動画サイト。
その1つ【ニコニコ動画】はわたしもよくお世話になるのですが、それが夏からH.265に対応するそうです。

ニコニコ動画が「H.265エンコード」に対応へ–従来の約2倍の圧縮率

動画の上帯のニュースリンクから見つけたんですが、何故これ自前であるニコニコニュースに記事がないんでしょうね?
(ニコニュースに存在する投稿欄での)批判を聞きたくなかったの?

それはさておき。
ニコニコ動画にて対応する(予定含む)フォーマット、各特長を私見も交えてまとめてみました。

  • Flash Video (.flv)
    Adobe Flashの枠組みの中で再生する動画。とても軽量になるが、本格的な動画にすると画質がよくない。
    画質劣化の影響を受けにくい紙芝居動画に向く。
    Flash対応のないスマートフォンでは再生できないのが欠点。
    (Androidはかつてサポートされていたため、導入する方法が一応ある)
  • H.264/MPEG-4 AVC (.mp4)
    現時点でとても普及している動画形式。動画らしい動画に対して画質と圧縮率のバランスがよい。
    (エンコード時のパラメータによって画質と圧縮率の調整もできる)
    端末の種類も選ばないため汎用的に公開したい動画に向く。
    ただし、再生にはある程度マシンパワーが必要で『LOOX P最終型が性能限界』とは持ち主の言。
  • H.265/HEVC
    次世代動画圧縮規格とされている動画形式。
    ニュースサイトによると『H.264の半分のデータ量で同等の画質を実現する』らしい。
    圧縮率が上がる分だけ、動画の作成(エンコード)や再生にかかる処理は増える(要求性能が上がる)

『H.264の半分のデータ量で同等の画質を実現する』の真偽の検証は他所に任せます。
ここではとりあえず信じましょう。
ニコニコ動画にはアップロードサイズ制限がありますし(他所でもおそらくあります)、サイズそのままで画質を向上できる点はありがたいです。
が、

再生時はマシンパワーがさらに要る

……ここが問題です。
一昔前のPCやスマホなど、貧弱な端末では再生が苦しくなるんじゃないだろうか。それこそLOOX P最終型では再生できないでしょう。
まぁ、それでも『投稿者の選択肢が増える』だけならば問題は無いのです。
そもそも『対応』って具体的になんだろう? 記事にはこうあります。

まず、一般会員が混雑時に視聴する低画質動画においてH.265/HEVCへの変換を開始し、以降も順次H.265/HEVCに対応した動画を増やしていく予定。将来的には端末の普及やトラフィック緩和の効果を測定しながら、プレミアム会員がより綺麗な動画を視聴できるよう、新規投稿動画についても順次対応するとしている。なおH.265/HEVCに対応した動画を視聴するには、同規格に対応した端末が必要となっている。

ああ、エコノミー症候群が新たな症状を発祥するのか。
って、まさかこれ、H.265を再生するほどのパワーがない端末では混雑時に見れなくなるの?

旧来できていたことが今後できなくなってしまう、というのは問題です。
よもや、とは思いますけれど、少しの間この件については注視していきたいと思いました。


投稿者:

さみどり

さみどり

パラファミリーの技術担当です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です