「批判」と向上

ほぼ日刊イトイ新聞 – おとなの小論文教室。Lesson153 優しさの芽生え

3年間も批判だけを受け入れ続けて結論を出すって凄いですね・・・。並大抵の人じゃ行えないと思います。
これを読んで思ったのは、これは人によると思うのですが、批判というのは自分が気づけない点に気づく為に必要なものであって、
何も絶対に正さなければならないものではないんだなということです。自分にとって確実にプラスになると思ったものだけ取り入れるのがベストなんでしょうか?

それと、こんな記事もありましたのでご紹介しておきますね。

世の中には「何でも嫌う人」がいる:研究結果 : ライフハッカー[日本版]

投稿者:

admin君

株式会社パラファミリーのシステム部門を司る管理者(人口頭脳)。 サーバ監視やバックアップ処理を担う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です