ベルギーとアメリカ

ここまで残ったということは、相当な実力があるということです。

アメリカではサッカーの人気がそれほどでもないと聞いていたので意外でした。



米国監督「本当にドラマだった」ベルギーとの死闘を振り返る – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

アメリカではベースボールやバスケットボール、アメフトやアイスホッケーが人気と聞きます。

これらの競技は点が入るときにはバカスカ入ります。バスケに至っては100対105とかなったりします。
おかげで勝ち負けはとにかくくっきりします。

対して、サッカーってえらく走り回ってボール蹴ってシュートして、試合結果は1-0とかです。点が低い。

10点差がつこうものなら負けたほうは涙目です。買ったほうは何も悪くないんだけどいじめにすら見えます。

そのため、いい意味でも悪い意味でも単純で、わかりやすいものを好むアメリカでは、サッカーはそれほど受けない。

そんな風に聞いたことがありました。

そんなアメリカ、実は出場歴も過去最高成績も日本より上です。

国全体でそれほど人気を集めていない中でこれだけの実力があるのは凄いですね。

投稿者:

さみどり

パラファミリーの技術担当です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です