最近エンジニアな方面ではMacな情報も増えてきた

こんばんわANDくんです。

最近は(というか特にcocos2dやってる時は)Macだけの情報、Macだけのツール等が増えてきた印象があります。

エンジニアな人は今はプログラミングのイベントとか開くと大半がMacみたいな話も聞きますね。

 

今までMacやLinux等をメインに使ってきた人はずっとそれを味わってきたんでしょうが、Macだけでしか有効じゃない情報・アプリケーションがあるとWindowsユーザーは困ることも多々あります。

LinuxやMac上でWindowsのアプリケーションを無理やり動かす方法はありますが、その逆はまあまず無いです。

そこでクロスプラットフォーム開発ができる開発環境が大事になっていく時代にだんだんなっていくんじゃ無いかなーって言う気はしますね。
今はその始まりだと思います。(一応昔からあるはずなんですけどねJavaとか。.netも本来その目的含んでるんじゃなかったっけか・・・。でもより一層今後は進んで行くんじゃなかなって思います。)

きっかけはiPhoneとAndroidのような気もしますけれどもね。
今はスマートフォンのクロスプラットフォーム開発できるツールが複数出てきてるようです。
cocos2dもゲームではありますがそういうものでありますし、unityもそうですね。
ツール、アプリケーションの物ももちろんあります。

Mac、Winのクロスプラットフォームな物ももちろんあります。
パソコンもスマホも!なんて言う開発環境もあったりします。
Qt(キュート)と言うものなんですが、開発言語がC++なんですよね・・・。
ただ、いろんな言語を扱えるようにするバインダと言うものがあるそうですが、そうなると機能が最新じゃなかったり、GUIの作成がC++そのまま使うより大変だったり?するみたいですね。

これからこのクロスプラットフォームの開発環境がどんどん進んでいけば、簡単にMac、Win、スマートフォン等気にせず一つの学習で全部のソフト使える・・・みたいになるかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です