個人的にOS(Windows7)をインストールする時にこれがないと始まらない

どうもこんばんわANDくんです。

7+Taskbar Tweaker っていうソフトはご存知でしょうか?

Windows7(8も若干対応とかってことで7+ってことらしいです)でのタスクバーの設定を増やす物です。

若干怪しめに感じてしまうソフトかもしれませんが、大丈夫なものだと思っています。
これが無いとWindows7ですら個人的には糞OSになってしまうと思うぐらいに個人的に大事なソフトです。
(とはいえ、7でできるようになったタスクバーの行動も多く、いいことは多いですよ)

 

僕はXPの頃から、Taskbar上で右クリックをして右クリックメニューからいろいろ最小化最大化元の大きさに戻す移動等を使っていました。

Windows7ではデフォルトの状態では起動しているソフトの上から右クリックしてもそのアプリケーションの開くだの閉じるだのよくわからないのが出てきます。
従来の右クリックメニューじゃないんですよね。何故こうしたのか。そもそも左クリックしながら上方向に引張るだけでこのメニューでるみたいじゃないか。
従来の右クリックメニューを使いたい場合は、そのアプリケーションのタスク上にマウスを置いてちょっとの間待ってると窓一覧が出て、そこから右クリックとかって形行うことになります。
たとえグループまとめ表示をしていなかったとしても、全ての窓をタスクバーに並べる設定にしてても今度は逆にこの一覧が出てきます。

こんなのただの無駄ですよね。一覧状態では今のアクティブになっているウィンドウはわかりにくいですし(エアロオンならサムネイルが出るのでわかりにくいってことはないかもですが)、一行程多くなってるし、待つっていうのが操作性として悪いです。
っていうかタスクバー上にマウス置いておくだけで画面の大きい範囲隠すっていうのはどうなんだ。普通にマウスの退避場としてタスクバーに持って行くことはあると思うが、無意識的にタスクバーの上にマウスを置いて置くこともあると思うんだが。邪魔で仕方がない。

って言う訳でこういう不満を解消してくれる物が7+Taskbar Tweakerとなります。

僕はこれが無いとやってられないですね。7でできるようになったタスクバーの並べ替えとかができるようになったまま、右クリックとかタスクバー上にマウスを置いていてもでかい一覧が出てくることを無くしたりとかしてくれるソフトになっています。
非常にオススメです。が、OS的には怪しいと思われる挙動なんじゃないかと思うのでオススメはしないです。

が、常駐ソフトとなっているので、たまーに強制終了する時があります。そうなるとまあ起動しなおせばいいのですが、そういう手間がある時があるっていうのは難点ですかね・・・。

っていうか、こういう設定はOS側ができるようにしておくべきだと思うんです。
何故設定をできるようにしなかったのか、不便と思わなかったのか、問いたい。問い詰めたい。小一時間問い詰めたい。

Windows8についてもそうです。
新しいことをするのはとてもいいことですが、何故1つ前すら切り捨てるのか。設定として残しておけるだろうと思うんですよね。
デフォルトの挙動は新しい方でいいので。

人によってはWindows7で2000とかの見た目にカスタマイズしてる人もいますし。

とまあ今のWindowsに不満点はたくさんありますが、なんだかんだでWindowsのいいところもたくさん知ってるので、僕はWindows使い続けますけどね。
Windows、窓の複数形って名前だけあって沢山のウィンドウ開いて作業する際はWindowsにかなうOSは無いんじゃないかと思います。

でもまあWindows8を自分のパソコンに入れるようになったとしたら間違いなくClassicShellは入れるだろうなあーって思います。
この辺りもOS側で本来できるべきだと思うんですがね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です