Unity でゲームを作ろう!-チュートリアル

unity_sample

「Unity 初心者」でggって、一番最初に出てきてくれたゲーム作成の基礎チュートリアルのスライドシェア!

Unityで簡単なゲームを作ってみる(第1回unity初心者勉強会)
http://www.slideshare.net/MakotoYamahira/unity1unity

 

 

まずは一回転見てみます。

ふむふむ…

さて、ここからの勉強の仕方なのですが、私は参考書に書いてある通りに書くヒトです!
そのため、1から全部やってみたいと思います。

バージョンがもしかしたら違うかも?なんてことを考えつつ、やってみましょう。
もう2D出てるのに3Dとかって言わないように!
プログラマの資本は知識量です。3Dの技術が2Dに生きる場合も多いでしょう!

さぁはじめましょう。

その前に、なんと、今気づいたのですが、私は開発経験としてC#の経験がありませんでしたーー
イェ━━━━━ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ━━━━━━イ!!

そんなわけでC#初体験!

でもチュートリアル読んでるとJavaっぽいし、なんとかなるでしょう。
ちなみにJavaは5で打ち止めです。もう5年以上触ってません。

それではスタート!

前回の続きなので、プロジェクトはNew Unity Projectの状態です。

Playerの作成です。(ページ11)
Cubeを置きます。

pic1

pic2

おお!出てきましたー

Cubeの設定をします。(ページ14)

pic3

名前も変わり、下に位置が変わりましたー

ゲームを実行してみるとたしかに暗いです。(ページ17)

pic4

ライトを置いてみましょう!

pic5

pic6

出てきました。矢印がいろいろありますが、これが光の向きかなって思いました。

pic7

たしかに明るくなりましたねー。

次にメインカメラの設定です。(ページ25)
これらを選んで変更すると

pic8

pic9

変わりましたー

画面右下にプレビュー出てますので、シーンビューで確認できるものと同じものが表示されるんですねー。

さて、ここからはコーディングです。

ファイルを作成しましょう。(ページ28)

pic10

んで、作ったファイルをダブルクリックすると…
MonoDevelopが起動されましたー

Aboutを見ると4.0.1でした。

pic11

なんかいろいろ調べてみると、最新版は日本語入力できそう?だし、できなかったら英語でいいかな…ってちょっと後で考えるとしてこのままMonoDevelop使います。

pic12

pic13

コーディングしてみて、実行すると秒速で画面右へ(笑)

次に行きましょう。(ページ38)

なんかゆっくり進みました!

次!(ページ40)

pic14

おお早い。

なんか3D位置表現のVector3を乗算できるような記述なんだけど、これってどうなってるんだーって思ったけどベクトル速度だから3次元ないといけないし、(1,0,0)でX=+1だから10倍できるって感じなのかー。

高校の物理か…

次!(ページ50)

入力を受け取るそうだ。

おお動く!いい感じ!

画面横幅の判定を追加(ページ52)

はじっこから出なくなったったー。

半分まで来て、めんどくなったので、以下略。

・(ポク)
・(ポク)
・(ポク)
・(チーン)

完成しました!!

WordPressでの公開

いろいろ調べてみました!

UnityDogというプラグインを入れる。

“*.unity3d” というのをアップロードしたらセット完了です!

 

[←][→]キーで左右に動かして、玉をよけよう!


投稿者:

1yaan

1yaan

株式会社パラファミリー社長。 前職は証券系のシステム開発をやっていたため、独立して今に至る。 お休みーと言ってから寝るのが早い。 画像はうさぎドロップのりんちゃん。公式HPで配布しているにも関わらずかわいすぎて愛用。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です