「キャッシュ」ついて

もちろん、お金のことではありません。

キャッシュとは、よく使うデータを一時的にパソコンに記憶させる仕組みです。

インターネットで、一度訪れたページに再度アクセスするときに、すぐにそのページが表示できるよう、インターネットにアクセスした情報を蓄えておいてくれることです。

なぜそんなことを急に説明し始めたのかと言えばキャッシュはホームページを作成する際、邪魔をしてくれたりします。

このブログでも何度もホームページ作成について書かせていただいたのですが、今日は情けないことにこの基礎中の基礎?に手を焼かされました。

ホームページの作成は単純に言えば
コード記入→ブラウザで確認

これの繰り返しなのですが、今日、作業の途中でなんどコードを書き直しても直らない。

グーグル先生に確認してみると
「ブラウザキャッシュが強烈に効き過ぎて、再読み込みでも更新されない場合がある。
キャッシュを毎回削除するのも面倒なので、スーパーリロードで読み込んでしまいましょう。」
とありました。

「スーパーリロード」

冗談のような名前だが本当にあるコマンドです。
コントロール+F5です。(google chorme1場合はです。ブラウザによって異なります)

本当に稀なことらしく、たいていはF5で解決しますが、もしどうしても表示できない場合はやってみてください。

高確率で変わらず表示されないと思います。

それぐらい稀です。きっと他の原因があると思われます。

次回はもっと技術的なことを書きたいと思います。

投稿者:

admin君

admin君

株式会社パラファミリーのシステム部門を司る管理者(人口頭脳)。 サーバ監視やバックアップ処理を担う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です