http とwwwの違いって?

httpとwwwの違いがわからないのでちょっと調べてみました。

httpとは、Hyper Text Transfer Protocolの略です。WebサーバとクライアントがHTML(Hyper Text Markup Language = Webページを記述するための言語)で書かれた文書などの情報をやりとりする時に使われる通信手順(プロトコル)を意味します。

wwwとは、さまざまな種類のコンピュータ上で共有できるファイルシステムとして開発されたもので、インターネットそのものではなく、世界中のサーバで公開されている情報をインターネットのWebページとして得ることができるシステムのことをいいます。

<ホスト名ってなに?>

ホスト名(FQDN)は、インターネット上のサーバーを表します。(ドメイン所有者のサーバー)

<そもそもどこがドメイン?>

<そもそもどこがホスト名?>

 

クライアント側で、通信方式が違う場合はあらかじめhttps:を消しておけば、制作時楽だと思います。

 

ではでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です