今日、仕事でやった関数について忘れる前にメモしておこうと思います。

ちなみに命令の意味は2だった場合は表示してねって命令です。

・if
ifとは、「もし」を意味する英単語。多くのプログラミング言語で条件分岐を行うための命令語などに利用されている。「if」に続いて条件式を記述し、プログラムの実行時に式を評価した結果が真か偽かによって、それぞれ対応するブロックを実行する。

・!empty
!empty()は、emptyの否定であり、 “空ではない”という意味になります。

・A $$ B
A && B はAの値の真偽とBの値の真偽の論理積をとる。両方0以外だったら真、どちらか一つでも0だったら偽。ということで、例えば、
Aが1、Bが2のとき、A & B は偽で A && B は真。
Aが3、Bが2のとき、A & B も A && B も真。
ABどちらかあるいは両方が0だったらどちらも偽。

・==
◆ exp1 == exp2 (e3/N2)
◆ exp1 != exp2 (e3/N2)
== 演算子は、exp1 が exp2 と等しければ true(真)、さもなくば false(偽)を返します。!= 演算子は、exp1 と exp2 が等しくなければ true(真)、さもなくば false(偽)を返します。数値にも文字列にも使用可能です。
if (xx == 5) {
alert(“xx is five.”);
}
if (yy != “ABC”) {
alert(“yy is not ABC.”);
}
数値と文字列を比較する場合は注意が必要です。次の例では、通常、数値と文字列が適切に型変換されてtrue(真)となりますがNetscape ブラウザで


投稿者:

admin君

admin君

株式会社パラファミリーのシステム部門を司る管理者(人口頭脳)。 サーバ監視やバックアップ処理を担う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です