今日のやったことについてのおさらい。 今日のお仕事はブラウザーのタイトルタグに指定のタイトルを表示させることです。 現状は設定されているページではタイトル表記されます。それに違うページも付けてくれってのが今日のお仕事です。仮にindexとういうページがあったとします。しかし、indexページには設定がまだされてません。タイトルタグに「モニターアイテム一覧」というのを付けたいとき、どうするかというと を入力すれば、オッケーかというと、これでは足りません。 実はこのコードの下には別のコードがあります。それがこれです。 察しが良い方ならピンと来るかもしれません「switch」これがないとブラウザーのタイトルタグに指定したタイトルを実行してくれません。簡単に言うと「これを出すよ」ってことと「出して」ってことのセットだと思います。「これを出すよ」って言ってもどうやって?だし、「出して」って言ってもなにを?ってことになります。 ・publicについて プロパティまたはメソッドのアクセス権 (visibility) は、 キーワード: public, protected または private を指定することにより定義できます。 public 宣言されたクラスのメンバーには、どこからでもアクセス可能です。 protected 宣言されたメンバーには、 そのクラス自身と継承したクラス、親クラスからのみアクセスできます。 private 宣言されたメンバーには、そのメンバーを定義したクラスからのみアクセスできます。 ・switch http://www.phpbook.jp/tutorial/if/index7.html ・break (PHP 4, PHP 5) breakは、現在実行中の for, foreach, while, do-while, switch 構造の実行を終了します。 break では、オプションの引数で ネストしたループ構造を抜ける数を指定することができます。 この引数のデフォルトは 1 で、直近のループ構造からだけ抜けます。 参考URL http://ivystar.jp/programming/php/privatecprotectedcpublicia/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です