CakePHP コントローラーの使い方

CakePHPでは、Model-View-Controller(MVC)というアーキテクチャーを導入しています。

使い方ですが、、、

モデルはデータベースアクセスに関する機能ですから、データベースを使わなければ不要です。ビューは、テンプレートとして画面表示を作成しておくものですが、これも「PHPの関数で無理やり画面表示を書きだしてしまう」なら、なくても大丈夫です。

しかし、コントローラーに関しては【なし】で済ませることができません。コントローラーでページの処理を行うのですから。これがないと、そもそもページそのものが存在できません。したがって、まず最初は「コントローラーを作って、ページを表示する」ということからやっていくことにしましょう。

コントローラーは、CakePHPの「app」フォルダの中にある「Controller」というフォルダの中に作成します。ここにPHPのスクリプトファイル(拡張子が.phpのファイル)を用意しておくと、自動的にそれらをコントローラーのスクリプトだと認識します。

注意したいのは「そのためには、決められた形でファイル名を付けないといけない」という点です。また、CakePHPでは命名規則を非常に重視しています。名前を元にコントローラーの名前などを割りだすので、適当な名前をつけると理解してくれません。

 

 

「アプリケーション名」というのは、作成する「MVC」がワンセットになったプログラムのかたまりのこと、と考えてください。

*大文字小文字までかっちり同じ名前でないとダメ!!ですよ!!

*キャメル記法=>複数の単語を一つのテキストにつなげたような名前の場合、各単語の最初の文字目だけを大文字にする

そして、

CakePHPには【命令規則】というものがあります。ここはしっかり理解する必要がありますので、

それは次の機会に・・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です