IF文とSWITCH・CASE文の使い分け

ある条件を調べて処理を切り替えるには、ifとswitch caseの2つの方法があります。

条件判定と分岐の基本はifです。switch caseは1つの値を順次比較して比較元と比較先が『等しい』ときだけ処理の流れを切り替える──という形で、ifの構造を単純化した変形と捉えればいい。

switch文の基本用法

 

IF文を使用した場合

SWITCH・CASE文を使用した場合

どちらも出力結果は【$aは2です。】です。

SWITCH文で重要なのは、case文以降breakです。breakがなかったら、条件が成立したcase文以降のcaseも実行しちまいます。

使い分けとしては、処理構造に適した構文をつかえ。です。

たくさんの比較先から1つの値と等しい1つだけを見付けたい場合、switch caseの方が遙かに有効です。switch caseを使った──ソース上で“switch”というキーワードを見た時点で、『1つの変数を順次比較している』という構造だとすぐに理解できるからです。

以上このお話はおわり。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です