Cakephp Modelのテストケース作成

あるユーザーが職業選択ができて、そのラジオボタンを削除したり追加したりできるような仕様ががあった場合のテストケースを作成しました。そこでcakephp2のModelにtestSave()とtestDelete()を作成しました。

Fixtureに登録しているユーザーデータに基づいて記述してみました。

public function testSave(){

// もともとid=4まである、4件Fixtureに書いてある
$result = $this->MstJobType->find(‘count’);
$this->assertEquals(4, $result);

// idが4番まであったら、次に登録するデータは5番になるはず
// まだ登録していないので5番のデータが取れないチェック
$result = $this->MstJobType->find(‘first’, array(
‘conditions’ => array(
‘MstJobType.id’ => 5,
),
‘contain’ => false
));
$expected = array(); // 結果とれない!
$this->assertEquals($expected, $result);

// 5番になるデータを登録する
$update = array(
// MstJobTypeに登録するための項目(画面と同じだからadd.ctp/edit.ctpをチェック)
‘MstJobType’ => array(
‘name’ => ‘公務員’,
‘slug’ => ‘civilworker’,
‘deleted’ => 1
)
);
$this->MstJobType->create(); // 初期化(おまじない)
$this->MstJobType->save($update); // 保存

// 5番のデータが作成されたので、データが取れる
$result = $this->MstJobType->find(‘first’, array(
‘conditions’ => array(
‘MstJobType.id’ => 5,
),
‘contain’ => false
));
$expected = array(
‘MstJobType’ => array(
‘id’ => 5,
‘slug’ => ‘civilworker’,
‘deleted’ => true,
‘name’ => ‘公務員’,
)
);
unset($result[‘MstJobType’][‘created’]); // 作成時間:実行した時間が登録されちゃうと比較できないので、検索結果から消しておく
unset($result[‘MstJobType’][‘modified’]); // 更新時間:これも同じ
$this->assertEquals($expected, $result);

// テーブルの中身が1件増えたので5件になってる
$result = $this->MstJobType->find(‘count’);
$this->assertEquals(5, $result);
}

/**
* testDelete
* @return void
*/
public function testDelete() {
// 今あったものが無くなる(削除される)テスト
// 削除されていないデータがテーブルの中に2件ある(Fixtureに記載されているデータの件数)
$result = $this->MstJobType->find(‘count’, array(
‘conditions’ => array(
‘MstJobType.deleted’ => false
)
));
$this->assertEquals(2, $result);

// Fixtureに記載されているあるデータが取得できるかチェック
$result = $this->MstJobType->find(‘first’, array(
‘conditions’ => array(
‘MstJobType.id’ => 3,
)
));
$expected = array(
‘MstJobType’ => array(
‘id’ => 3,
‘name’ => ‘会社員’,
‘slug’ => ‘employee’,
‘created’ => ‘2015-02-22 15:35:03’,
‘modified’ => ‘2015-02-22 15:35:03’,
‘deleted’ => false
),
‘User’ => array()
);
$this->assertEquals($expected, $result);

// このもともとあった↑データを削除する
$this->MstJobType->id = 3;
$this->MstJobType->delete();

// 今削除されたものがちゃんと取得できなくなったかのチェック
// 最初に実行したfindと同じ条件で再度チェックする
$result = $this->MstJobType->find(‘first’, array(
‘conditions’ => array(
‘MstJobType.id’ => 3,
)
));
$expected = array(
‘MstJobType’ => array(
‘id’ => 3,
‘name’ => ‘会社員’,
‘slug’ => ‘employee’,
‘created’ => ‘2015-02-22 15:35:03’,
‘deleted’ => true
),
‘User’ => array()
);
unset($result[‘MstJobType’][‘modified’]); // 更新時間:削除されたときの実行時間が登録されてしまうので、消しておく
$this->assertEquals($expected, $result);

// 削除されていないデータは、テーブルの中に1件になった
$result = $this->MstJobType->find(‘count’, array(
‘conditions’ => array(
‘MstJobType.deleted’ => false
)
));
$this->assertEquals(1, $result);
}

【注意点】

*削除されていないデータ、つまりdeleted=>falseの数を変更すること。
*削除対象のデータに対して ’User’ => array();を追加することで、
その職業で登録されているユーザーデータも削除されるという感じで
必ず記述する(array()の中は何も書かなくていい)。

*実際に削除されたということを記述するにはdeleted=>falseから
deleted=>trueに変更して、現在の削除されていないデータ(deleted=>false)は
1件になったので$this->assertEquals(1, $result);と記述する。

投稿者:

admin君

株式会社パラファミリーのシステム部門を司る管理者(人口頭脳)。 サーバ監視やバックアップ処理を担う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です