cocos2D-jsゲームを作ってみよう6日目

こんばんわ

いや、失敗しました。

題材選びに失敗しました。すごい失敗しました。

今回のできなさは初日より酷いかも知れないです・・・。ゲームになっていません。前日それなりに面白い物作れたので(元ネタあるんですが)本当にダメですね。。。

1日1つの題材でボードゲーム的なのは作れないです。
時間が圧倒的に足りないみたいですね。

シーン(フェイズっていうんですかね?)切り替えもたくさんありますし、CPUとかのこともありますし・・・。どうしようかとか考えてたりしたら凄い時間がかかりました。
でも、そもそも骨組みすらできなかったというか、タイルマップがうまく表示できなくてすっごい時間かかりました。

1日1つ一応新しい物やろうとしてたんですが、その結果がこれってかんじですかね・・・・。

まあタイルマップ自体は表示はできたんですが、FireFoxではなんか格子状の線が入っちゃってますし、それを回避する設定みたいなのもあるようなのですが、動かないみたいですね?
タイルマップ表示する際はresource.jsにtmxだけじゃなくて、それに使う画像も入れておかなきゃダメみたいですよ・・・・・

ほんとまあ何にもできて無い状態ですが、失敗も成果物ってことで公開しておきます。
何にもなってないですが。

ボードゲームが作りたかった

タイルの表示に時間がかかりすぎた。情報が本当に少ない。詰まった時が本当にまずいですね。サンプルもタイルマップのところはなんか複雑でしたし。
結局普通の画像と同じように使う感じでしたし・・・。
直接読み込まない画像もresource.jsに書かないとダメなんて・・・

格子上の線が出るのは画像側を加工すれば行けるかも?との事でした。とは言え今回はそこまでの時間はなかったです。

 

ちなみにこのボードゲームは知ってる人は知ってるかもしれないですが、元ネタちゃんとある普通のボードゲームです。
ピラニアペドロって言ってルールは簡単で、駆け引きというか運もあるゲームなんですが、全部人為的要因な運ですし面白くて僕は好きですね。

cocos2D-jsゲームを作ってみよう5日目

どうもこんばんわ

この企画もついに5日目です。

というわけで今回もゲームを作りましたよ。

今回はようやくゲームっぽいゲームが作れたんじゃないですかねっていうあれですね。自負ですかね。
まあいろいろ調整とかが甘いんですが、それはあれですね。しょうがないですね。

 

しっかし、他の人本当に1日でいろいろ作ったりしてるんだろうか。ゲーム作りになれてないからなのかなあ。

ちなみに今回作ったのは一応元ネタはあるし、考えていたものなので・・・(´・ω・`)ソレデモクロウスルヨ・・・
素材の使い回しにツッコミを入れてはいけない。

 

避けゲー的な
5nichi

 

毎度毎度、細かいところで変に引っかかって時間掛かっちゃうなあって思ったり思ったり。思ったり。
それだけゲーム作りって思ってる以上に気を使わないといけないことがあるんでしょうね。

cocos2D-jsゲームを作ってみよう4日目

こんばんわANDくんです。

そんなこんなで4日目になりました。

今回は前回のどう見てもブロック崩しですを若干修正し、ブロックを削除できるようにしてみました。

 

これでまあなんとか当たり判定はわかったのかなーってところですかね。

いろいろおかしい所、まだゲームとして成り立ってない所があるのはわかりますが、また一歩基礎がわかった感じでしょうか。

 

どう見てもブロック崩しです
3nichi

 

ゲームオーバーとかはまあまだないんですけどね・・・

とは言え今回はブロック崩し、これで終わりってことにして次は別なの作りましょう。

球の挙動が小さな四角が回転しているからか、当たった時の挙動がおかしいんですよね。
早くなったり遅くなったり変な角度に飛んだり。
物理演算のせいなんでしょうけど、逆に全く回転させなくすると常に等速でしか動かなくてそれはそれでおかしいことに。
操作バーに当たった時だけ回転を計算させるとかできればいいのかもしれないですが、それはちょっと・・・ってかんじですかねえ・・・。

cocos2D-jsゲームを作ってみよう3日目

どうもこんばんわANDくんです。

というわけでゲーム作ってみよう3日目(実際には0日目含めて5日目(´・ω・`))です。

まだまだゲームの体を無しては居ませんが、まあ1日一つだし社長が参考にしたunityで7日間クソゲーを作っての物からするとこんなもんなんじゃ無いでしょうかっていう妥協をしておきます(´・ω・`)
http://uinyan.com/unity_7days_kusoge_challenge/

 

どう見てもブロック崩しです
3nichi

 

なんかベンチマークみたいな気体の動きのサンプルみたいになりますが・・・。

あと処理落ちすると持っているエネルギーがどっか行くみたい?で処理落ちしてくると動きが弱まってきますね。

 

ホントはパーティクルとかちょっと触ってみたかったんだけどなあ・・・
当たり判定自由につけれたりしないかなあ・・・
cocostudioで当たり判定とかどうにかできたりしないんかなあ。
ちょっと作ってみたいものが作れるかどうか・・・って感じで途中で終わってしまう・・・。

cocos2D-jsゲームを作ってみよう2日目

不甲斐ない
不甲斐ないですが

1日(+α)じゃやりたいことの半分も進まない感がありますね・・・。

というわけで画像の変更がうまくできないの事でしたが、なんとか無理やり対応。時すでに遅くこんな時間ですよ。

ゲームというゲームが作れない体たらくです。

なんとか画像切替できたので、それだけ残しておきますね。

 

切り替えて次の物を作る。そうしよう(´・ω・`)

このじゃんけんの画像、ボタン化してるんですが、現状のcocos2d-jsではボタンの画像は変えられないって事で考えた方がいいのかもしれません。

こんなことに詰まるとは・・・。

透明なボタンを置き、その下にスプライトを表示、そのスプライトの画像を変更するという形で対応しました。っていうかスプライトの画像変更の仕方もこれなあなんだかなあって思うわけです(´・ω・`)

詰まって詰まってどうしようも無くなってサンプルを見て画像変えてそうな奴あるか探してそれのソース見てってやったら異常に時間かかりました。。。。。

しかもボタン化した奴の画像変えれないっていうね・・・ あー

まあ切り替えて次作りましょう。

cocos2d-JSって画像の単純切り替えって出来ないんですかね?

これが出来ないと結構厳しい気がするんですが・・・

普通のcocos2d-xにある関数がなかったり、ソース見たら省きますみたいなそんなの書いてあるような気が・・・

無理やり実装するとなると結構厳しいのかな・・・どうしよう・・・。

cocos2D-jsゲームを作ってみよう1日目

というわけで早速一日目

今回はスマホでちゃんとタッチの感知が動くのを確認しました(iphone)

よくわかりませんが、タッチやクリックの取得方法は複数種類あるようですね?
両方共公式サンプルなのですが・・・。。

でもまあこっちの手段のほうが一つで同じようにマウスもタッチも認識するようで実装は楽なのかなーみたいに思います。

1nichi

 

なんだろなあこれ(´・ω・`)

棒との当たり判定とかはちょっと難しくて付けられませんでした。
自分で避けゲーとしてでも楽しんで下さい。

ゲームになってない物ができましたし、実装が雑でいろいろ雑です。あー
最後急に発狂しますしね。

ただまあ物理演算エンジン使ってみたくて使えたのでそこは満足ですかね。

思った以上に物理演算むずかしいです。大した計算は自分ではしないんですけどね。使い方もまた難しいですねこれ。

慣れみたいなのが必要ですね多分これ。

cocos2D-jsゲームを作ってみよう0日目

というわけで1日一個ゲームを作ってみよう規格らしいのでとりあえず学習を行いました。

まずは開発環境選びです。

Unityも触ってみましたがどうもいかんせん3D空間が自分にはよくわかりにくいっていうのと、
物を動かすのがエネルギー単位という事などがあってどうもわかりにくい。
思ったように回転させる事すら難しいときました。

というわけで何か良い2Dの開発環境が無いかなーって事でCocos2D-xというものを選びました。

そのCocos2Dの中でもwebで公開するためにCocos2D-jsという物を使い作っていくことにします。
一応iosアプリやandroidアプリにも変換できるらしいのですが、windows環境だとiosコンパイルオプションがそもそも出てなかったり、
Androidのコンパイルをコンパイルしようとするとエラーが出たりでうまく行かない?ようです。とりあえずこちらは放置しておきますね。

しっかし情報が少ない少ないで困りました。sampleプロジェクトがあったのでうまくいかないと思ったらそこからソース見てどうこうするっていう手段をしないとダメっぽそうですね。

作成手段とか、環境構築とかはとりあえずここでは長くなるし時間もかかるので今日はとりあえず置いておきます。後日時間があったらまた。
そこでもどこでもいろいろ詰まって困っては居ましたが・・・。

今まだ開発が大きく動いてるものなので、前にはcocos2d-html5とかって名前だったりしたらしい?のですが、その時代の情報が出てきたりでマウスの取得すら一苦労。cocos2d-html5の解説を見ながら動かしていたら動かない なんてことも有りました。

本来スマホとかも考えて作っていくべきなのかなーとは思いますが、とりあえず0日目においては無視して元から出力したhelloworldに更にちょっとだけ表示を追加する程度のもの、ソースをちょっと弄っては見てみてどんなもんか見てみるぐらいしか出来ませんでした。

でもこれだけ出来ればまあやろうと思えばいろいろできるのかな-みたいな気はしてきますね。

物理演算とか当たり判定とかどうやってやるのかなー・・・なんかその辺り簡単に使えるのあるのかなー?

とりあえず0日目の成果、大したことは本当に無いですがサンプルだけ置いておきますね

0日目

マウスクリックしつつドラッグしたら絵がついてくる。それだけの事です。