get_template_directory_uriとget_stylesheet_directory_uri の違い

get_template_directory_uri()はWordPressテーマディレクトリまでのURLを取得する関数です。

もう一方で、

get_stylesheet_directory_uri()はWordPressテーマディレクトリまでのURLを取得できる関数です。

違いは、WordPressテーマの親子関係にあります。

get_template_directory_uri()をもう少し細かくいうと、親テーマで使用した場合は、get_stylesheet_directory_uri()と変わらずに有効化してあるWordPressテーマのテーマディレクトリURLの取得します。小テーマで使用した場合は、子テーマのstyle.cssに書かれている「Template」をみてテーマディレクトリURLを取得しています。

もし、子テーマを指定し、そこからURLを取得する場合は、get_template_directory_uri()とget_stylesheet_directory_uri()が違います。get_template_directory_uri()は親テーマのテーマディレクトリURLを出力してくれますが、get_stylesheet_directory_uri()は子テーマのテーマディレクトリURLを出力してくれます。

<まとめ>

get_template_directory_uri()とget_stylesheet_directory_uri()の違いについて紹介しました。WordPressのテーマ開発をするときはget_template_directory_uri()は親テーマで使い、get_stylesheet_directory_uri()子テーマで使うといった感じに分けるといいでしょう。

 それでは・・・

カスタム投稿の作成

カスタム投稿は、自由に投稿できる【投稿】です。いままでは、投稿と固定ページの2種類でした。それ以外に、独自で作成した投稿=カスタム投稿を作成することが出来ます。

プラグインで作成することもできますが、勉強もかねて、function.phpに書く方法を記しておこうと思います。

 

【function.php】の中

add_action('init', 'add_websites_post_type');
function add_websites_post_type() {
    $params = array(
            'labels' => array(
                    'name' => 'サイト',
                    'singular_name' => 'サイト',
                    'add_new' => '新規追加',
                    'add_new_item' => 'サイトを新規追加',
                    'edit_item' => 'サイトを編集する',
                    'new_item' => '新規サイト',
                    'all_items' => 'サイト一覧',
                    'view_item' => 'サイトの説明を見る',
                    'search_items' => '検索する',
                    'not_found' => 'サイトが見つかりませんでした。',
                    'not_found_in_trash' => 'ゴミ箱内にサイトが見つかりませんでした。'
            ),
            'public' => true,
            'has_archive' => true,
            'supports' => array(
                    'title',
                    'editor',
                    'author',
                    'custom-fields',
            ),
            'taxonomies' => array('websites_category','websites_tag')
    );
    register_post_type('websites', $params);
}

 

add_adtion()関数は、【指定したタイミングで、指定した関数を実行する】関数です。

任意の名前は、安全に名前をつけたいなら、名前の最初にオリジナルの名前を記入したほうがいいと思います。また、基本的に指定した名前はサイト運用中に変更することが出来ません。

適用させる引数は、たくさんあるので割愛します。

 

投稿できるようになったら、それをどこ(単一ページ、固定ページなど)に表示させるかということろですが、長くなってしまうので改めて書いていきたいと思います。

WPの子テーマを使うようにしましょうというお話

どうもこんばんわANDくんです。

WordPressのテーマって、親テーマを継承して子テーマとし作成することができるっていうのはご存知でしたでしょうか?

僕は最近まで知りませんでした。

親テーマそのものを変更すると、テーマ自身にアップデートあったりするとアップデートすることが出来なくなってしまいます。
テーマによって起こるセキュリティリスクってのはなかなか無いとは思いますが、やはり親テーマ自身はアップデートできるに越したことは無いと思います。
(アップデートすることにより結局干渉してダメになったりとかはあると思うが、することがそもそも困難よりマシかと)

というわけで次からWordPressのテーマをなんか変更してデザイン作るとなった時はそうしようと思いました。

 

WordPressは元々の作成者さんがMovable Typeに不満を持って作ったものとの事で、流石になるほどいろいろよく出来てるなと思いますね・・・。ほんと。
WordPressはすごい。

 

参考サイト
http://presentnote.com/child-theme-customaize/
http://seous.info/wp-customize/2780

SimpleTweetからWP to Twitterに変更してみました。

どうもANDくんです。

 ここの投稿はWordpressでして、SimpleTweetを用いてTwitterに投稿していたのですが、
どうもSimpleTweetの調子がおかしいみたいで、投稿できる時とできない時があるみたいでした。

じゃあってことでWP to Twitterに試しに変更してみました。

これでどうでしょうねー。

異常とか無ければ良いな・・・

という業務連絡兼テスト投稿です。

 

追記:投稿できるには投稿できるけど日本語slugが・・・
短縮URLにすれば解決すると見たけどうまくいかないですね-?_(:3 」∠ )_

更に追記:URLエンコードを試してみてもうまくいかない・・・
ってことでwp上での短縮URLを無理やり使ってみることにしました。

海外のプラグインはマルチバイト言語を想定していなくて厄介ですね・・・。