第一回PostgreSQL

PostgreSQLとは、データベースを管理するために使われるリレーショナルデータベース(RDB)管理システムです。また、オープンソースなため、世界中で使われているRDBです。

初心者が覚えるべき最低限の用語~概念を理解しよう~

概念:スキーマ:プログラミング手法における論理構造や物理構造を定めた仕様です。

似ているものに[mysql]がありますが、

[mysql]は

データベース → テーブル

[PostgreSQL]は

データベース → [スキーマ] → テーブル

と論理構造が違います。

select文とかcreate,where,delete文等は同じです。

しかし、[PostgreSQL]はスキーマ名を記入する必要があり、ドットでスキーマ名とテーブル名を記入しなければいけません。

例)

mysql
SELECT * FROM db_table;

【postgres】
SELECT * FROM schema_name.table_name;

まずはまずはまずは!、これだけ覚えておけば大丈夫でしょう。

次回はいくつかのコマンドを紹介したいと思います。

最後の一日にソースをプッシュする[GIT]

GITで共同作業をした場合、最後の一日に各作業したファイルを統合(マージ)して、プルします。非常に重要な作業なのでここに書きとめておきます。

条件:ブランチをmastarとdevelopmentに分けて作業している。

   作業はdevelopmentで作用しています。

順序1:まず作業したファイルをすべてプッシュしておきます。

*正常に終了しませんでしたとでたら、[プル]してください。(基本的にエラーメッセージをみること!)

順序2:フォルダを右クリック→[mastar]に切り替え。

順序3:一回ここで[プル]しておきます。←重要

順序:プッシュしたあとで、[mastar]をマージしてください。

*ここでFilezilaで全てのファイルをアップロードしてください。これで確認しておきましょう。

順序4:[ログを表示]して[すべてのブランチ]にチェック。そして[更新]します。

順序5:mastarはdevelopmentより下にあるはずなので、[development]へ[マージ(結合)]します。→mastarをプッシュします。

 

一方が、上記の作業をしたとき、もう一人はフォルダを右クリック→[GITを同期]→[リモートリポジトリを更新]するだけで大丈夫です。

 

それでは・・・

GIT リベース(rebase)について

リベース(rebase)ってなんなの?

・コミットしたものを綺麗にまとめてくれます。

2つのブランチの変更点を統合するとき、Gitの最も一般的なやり方としては、mergeとrebaseコマンドを使います。

 

merge

rebase

*rebaseはmergeに比べて、もっと単純明快な直線的な履歴になるので、開発履歴がとても読みやすくなるというメリットがあります!

 

<絶対にやってはいけないこと>

パブリックレポジトリにプッシュしたコミットをrebaseしてはならない。

1人で作業する場合はともかくとして、協業の場合、リモートにあるレポジトリをむりやりrebaseしたら、全く同じコミットが重複する問題が発生する可能性大です。

rebaseは特定のコミットをどこか別のコミットの後ろに移動するだけの作業に見えるかもしれませんが、実際は移動ではなく、新規コミットを作っているので、当然コミットIDも変わります。

 

細かいことはまたつづります・・・それでは・・・

Bootstrap ②正しい使い方とポイント

<グリッドシステム>

Bootstrapのグリッドデザインは、基本的に横幅940px(固定エリア12グリッドにあわせる)の中に段組をする必要があります。しかし、複雑な段組をする場合は少し注意点があるので簡単に記しておきます。

ポイント1

・グリッドシステムで複雑な段組をするなら、

container => row => col => row => col と入れ子にする。

<div class=”container”>

   <div class=”row”>

      <div class=”col-{prefix}”></div>

    </div>

</div>

*row が何段目であっても、配下のcolの幅が合計は12グリッドである。

ポイント2

コンテンツはcontainerクラスかcolクラスの内部に記述するようにすること。rowの中には書いてはいけません。

注意点:spanはBootstrap 2系では使えませんので覚えておきましょう。

 

それでは・・・

Bootstrapの使い方 ①

BootstrapはレスポンシブデザインWEBデザインに対応しているCSSフレームワークです。Bootstrapで開発を行うと、作業スピードが速くなったり、見栄えも整えられて初心者にも人気のアプリケーションです。

今回は簡単な使い方と記すとともに、WPでBootstrapを行う際の注意点を書いていきたいと思います。

<使い方1>

  ダウンロード:http://getbootstrap.com/

上記からダウンロードして、必要なソースコードをコピペしてください。

<使い方2 WPのheader.php>

ヘッダー部分のナビゲーションは、タイトル画像と横並びにしたい場合はあまりcolは使えない。(デザインによるが・・・)

<使い方3 固定ページとsidebar.php>

containar、rowは固定ページに一つ書き、閉じタグはsidebar.phpに書けば一度ですむので覚えておいた方がよい。

続きはまたあとで・・

2カラムのメニューの位置考察

どうもこんばんわANDくんです。

さて、早速ですが、2カラム、ブログやホームページ、どこを見ても大体は2つ以上に分かれていて、
片方がサブ(メニュー)という形になっていると思います。

では、右カラムと左カラムでどっちがいいのでしょう?

まず、ニュースサイト
yahoo等のポータルサイトのニュースページなんかはどこもニュースのページは右カラム(右にメニュー)です。
ここのページもそうですね。(現在)

人の目はホームページを見る時、左から見るので(横書きを見る時の癖なのだろうか?右から書く言語圏の人は逆?)
左に見てほしい方、良く見る方を置いておくと便利、読みやすいというわけですね。

では、左カラム(メニュー)
楽天のページや、管理画面なんかに多いのかなって思います。
ワードプレスの管理画面も左カラムですね。

先ほど書いた通り、左側に目が行きやすいようになっているので、よく使うメニューが左にあるとページの行き来がし易いってことかなと思います。
また、一般のページで左にメニューがある場合、左メニューだと一見さんがいろいろページを回ってくれやすいという調査結果が出ているそうです。

昨今はまた一カラムなページが増えてきているような気がしますが、これにも何か意味があるんでしょうね。
スマートフォンでは1カラムですし、スマートフォンとデザイン合わせるためとかなんでしょうかね。

iOSがようやくキーボードのカスタムを認めるらしい

こんばんわANDくんです。

 

iOSが今度8になるとかで、そこの発表でカスタムキーボードができるようになるとか言う話しらしいですね。

まだ情報が少ないですが、ATOKやGoogleIME等がようやく使えるようになるんですかね・・・。

僕のiPhone、4Sだし、iOSも5なんですけどねー。

iPhoneの不満点の一つにこの箇所があったので非常に嬉しいところであります。むしろ遅いというかまあうんやるようになったならよしかな。

正式に発表されるようになったりATOKが出たりするとこの話題も盛り上がるでしょうね。
ひとつ楽しみなところではあります。

電話回線の本気

電話回線を使って光ファイバーを凌駕する10Gbpsの超高速通信に成功 – GIGAZINE

昔は電話回線を使用してインターネットに接続してましたが、今では光回線が主流になってます。

これからずっと光回線以上の速度が出せる通信回線は出ないかな~?と思っていたのですが、電話回線でこれほどの速度が出せるんですね!

信号の劣化等まだ導入にはいくつかの壁があるそうですが、いつか実用化されると良いなと思いました。

WPの子テーマを使うようにしましょうというお話

どうもこんばんわANDくんです。

WordPressのテーマって、親テーマを継承して子テーマとし作成することができるっていうのはご存知でしたでしょうか?

僕は最近まで知りませんでした。

親テーマそのものを変更すると、テーマ自身にアップデートあったりするとアップデートすることが出来なくなってしまいます。
テーマによって起こるセキュリティリスクってのはなかなか無いとは思いますが、やはり親テーマ自身はアップデートできるに越したことは無いと思います。
(アップデートすることにより結局干渉してダメになったりとかはあると思うが、することがそもそも困難よりマシかと)

というわけで次からWordPressのテーマをなんか変更してデザイン作るとなった時はそうしようと思いました。

 

WordPressは元々の作成者さんがMovable Typeに不満を持って作ったものとの事で、流石になるほどいろいろよく出来てるなと思いますね・・・。ほんと。
WordPressはすごい。

 

参考サイト
http://presentnote.com/child-theme-customaize/
http://seous.info/wp-customize/2780

最近エンジニアな方面ではMacな情報も増えてきた

こんばんわANDくんです。

最近は(というか特にcocos2dやってる時は)Macだけの情報、Macだけのツール等が増えてきた印象があります。

エンジニアな人は今はプログラミングのイベントとか開くと大半がMacみたいな話も聞きますね。

 

今までMacやLinux等をメインに使ってきた人はずっとそれを味わってきたんでしょうが、Macだけでしか有効じゃない情報・アプリケーションがあるとWindowsユーザーは困ることも多々あります。

LinuxやMac上でWindowsのアプリケーションを無理やり動かす方法はありますが、その逆はまあまず無いです。

そこでクロスプラットフォーム開発ができる開発環境が大事になっていく時代にだんだんなっていくんじゃ無いかなーって言う気はしますね。
今はその始まりだと思います。(一応昔からあるはずなんですけどねJavaとか。.netも本来その目的含んでるんじゃなかったっけか・・・。でもより一層今後は進んで行くんじゃなかなって思います。)

きっかけはiPhoneとAndroidのような気もしますけれどもね。
今はスマートフォンのクロスプラットフォーム開発できるツールが複数出てきてるようです。
cocos2dもゲームではありますがそういうものでありますし、unityもそうですね。
ツール、アプリケーションの物ももちろんあります。

Mac、Winのクロスプラットフォームな物ももちろんあります。
パソコンもスマホも!なんて言う開発環境もあったりします。
Qt(キュート)と言うものなんですが、開発言語がC++なんですよね・・・。
ただ、いろんな言語を扱えるようにするバインダと言うものがあるそうですが、そうなると機能が最新じゃなかったり、GUIの作成がC++そのまま使うより大変だったり?するみたいですね。

これからこのクロスプラットフォームの開発環境がどんどん進んでいけば、簡単にMac、Win、スマートフォン等気にせず一つの学習で全部のソフト使える・・・みたいになるかもしれませんね。